スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

日向夏の食べ方

日向夏の食べ方こんにちは。そろそろ関東は梅雨に入りそうですね。キャラは陰ですが天気は陽が好きな平田です。
皆さん日向夏(ひゅうがなつ)という柑橘をご存じですか?
こんな黄色いやつです。

4月~6月が旬の柑橘でニューサマーオレンジや小夏とも呼ばれています。 大きさは野球ボールぐらいの大きさです。由来は不明ですが柚子から出来たのではないかと言われています。おもしろい。

この日向夏、普通に皮を剥いて食べるのも良いのですが、ちょっと変わったおすすめの食べ方があります。
それは
皮の白い部分(アルベド)ごと食べる
というもの。 皮の黄色い部分(外皮)のみをカットしてアルベドを残します。こんな感じに。

そしてこれを下の写真のように一口サイズにカットして完成。(この食べ方の為のちゃんとした切り方もあるようです。)

なんでこんな食べ方をするのかというと、実はこの柑橘、アルベドが甘いからです。
日向夏自体は爽やかな酸味があることもあり、それが甘いアルベドとマッチしてなかなか美味しいということでこんな食べ方が存在します。(更に醬油などをつけて食べることもあるそうです。) また食感も果肉のゼリーみたいなものと、アルベドのサクッとした異なる二つの食感を感じることが出来て面白いと思います。

ちなみに黄色い外皮も苦くは無いので、何も気にしなければ丸かじりできると思います。剥かないみかんに憧れている人に朗報です。(なにか起こっても責任はとりませんが…)

初夏を黄色で爽やかに彩る日向夏、見かけたら是非買って食べてみて下さい。 普通のみかんのように剥いて食べてもおいしいので。